投資

【早く始めると断然有利】社会人になったらSBI証券でiDeCoデビュー!

スポンサーサイト

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

じおーた(Twitter@JiotaQq8888)です。

いがっくん
じおーた先生、はやく始めたらよかったなって投資あるんですか?
じおーた
あるよ!インデックス投信の積み立ては、早くから始めて長く続ける方が断然有利だからね。
一日どころか一分でも一秒でも早く始めておけば・・・って思ったよ。
いがっくん
そうなんですね、じゃあ、僕も社会人になったら始められるように、どんな始め方がいいか教えてください!
じおーた
僕は個人型確定拠出年金(iDeCo)で始めて続けるのをおススメするよ。金銭的にさら余裕があれば積み立てNISAでもやるといいよ。

『老後資金を確保したい』『社会人になったから確定拠出年金を始めたい』と考えている方におすすめの手法を紹介します。

注:投資を行う上で、最終の判断は、読者のみなさんでお願いします。

ということで始めます。

1秒でも早く始めよう!

なぜ1秒でも早く始めるの?

あなたはお金に困らない老後を送りたいですか?

この質問に「はい」と思うなら、1秒でも早く始めましょう。

その理由をお示しします。

毎月23,000円を積み立て、年利5%で運用したシミュレーションになります。

このグラフで最大のポイントは25年からの10年で、ほぼ2倍に増えるというところです。

iDeCoで掛け金を積み立てられるのは60歳までと決められています。

35年積み立てようと思うと、25歳までに始めなければなりません。

35歳で始めると、界王拳2倍どまりですが、25歳で始めると界王拳3倍まで使えるようになります!

じおーた
みなさんは、最後の10年の恩恵を受けたいかな?

毎月23,000円積み立ての理由

みなさんは、以下の条件を満たすとき、毎月の掛金の上限が23,000円になるからです。

掛金23,000円上限の条件

  1. 60歳未満
  2. 会社員である
  3. 企業型確定拠出年金に入っていない
  4. 確定給付企業年金等に入っていない

自分の掛金がいくらまでできるか知りたい方はiDeCo公式サイトの「5秒」でわかるカンタン加入診断で調べられます。

どの投資で運用するの?

ぶっちぎりで「株式」です。

株式に非ずんば投資にあらず

株式をおススメする理由

  1. 1951年に東証株価指数に100万円投資すると、2019年には6億9599万円になる
  2. 1802年に米国株に1ドル投資すると、2001年には約60万ドルになる
  3. 日銀によると、1965年に1万円で買えたものは2020年で4.2万円必要

詳細は省きますが、「株式投資の未来」によると、通貨の価値は時間とともに下落します。

株式は価値が上昇し続けます。

年月が長ければ長いほど、この差は顕著になり、長期国債、短期国債、金と比較しても株式の価値上昇はぶっちぎりなのです。

株は怖い・・・

いがっくん
でも株って怖いんでしょ?
元本確保の定期預金じゃだめ?
めでぃなさん
じおーた
よく聞く質問だね!

下のグラフをご覧ください。

確かにいがっくんの言う通り、1年だけで見ると株式投資は、最大52.6%の利益、最悪37.0%の損失です。

ところが、15年を超えると、1950年~2017年のどの15年間をとっても年平均ベースではプラスになります。

15年を超える長期投資では、ほぼ安全と言える領域です。

iDeCoの投資期間は何年ですか?

卒業と同時に始めれば、35年はできるでしょう。

45歳までに始めれば、15年を確保できます。

ぶっちぎりで「株式」といった理由、納得いただけたでしょうか?

じおーた
制度の改変もあって、積み立てできていない期間や掛金が一定ではないけど、概ね9年で+58.0%の現状だよ。

具体的にどの商品を積み立てるの?

私の考えでは、二択です。

「S&P 500に連動したインデックス投信」か「全世界株式に連動したインデックス投信」のどちらかです。

世界経済を引っ張っているのは、間違いなく米国です。

そんな米国人の投資で論争になるのは「米国VS全世界」です。

米国の牽引(けんいん)力が世界中の経済を上回ると考えるなら、「S&P 500に連動したインデックス投信」

世界中の経済が合わされば米国の経済成長を上回ると考えるなら、「全世界株式に連動したインデックス投信」がおすすめです。

間を取って50%ずつの掛金にするなんていう折り合いをつけるのもありです。

同じような商品のときは、信託報酬率が低い方を選びましょう。

信託報酬率は、その投信を運用する手数料ですから、私たちからすると払うものになるので、低いほうがいいのです。

じおーた
自分が運用する証券会社で具体的な商品名が変わるので、それに合わせて調べてね。

iDeCoのメリット・デメリット

 

メリット

  • 60歳まで出金できないので、長期運用が可能
  • ギャンブルになりそうな商品はそもそもラインナップされていない
  • 利益は非課税なだけじゃなく、毎年の節税効果もある
  • 一回設定したら、ほったらかしで毎月積み立てられる

以上が大きなメリットになります。

節税効果がどれくらいになるかは楽天証券の節税シミュレーションでシミュレーションできます。

デメリットは以下の2つです。

  • 毎月、掛金があるので、その分手取りは減る
  • 転職、退職時には手続きが必要

手続きに少し時間がかかるので、転職や退職をすると1,2か月の空白ができてしまいます。

まとめ

本日お話した内容は以下の3つです。

  • iDeCoを1秒でも早く始めるべき理由
  • どの商品で運用するのか
  • iDeCoのメリット・デメリット

以上になります。

私も利用しているSBI証券でiDeCoデビューしちゃおうぜ!

SBI証券 iDeCo

じおーた
みんなも3倍界王拳使ってね!

投資は自己責任で!

では.

関連商品


スポンサーサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じおーた

医師・投資家|専門を腎臓から救急に鞍替えした彷徨えるアラフォー. 投資、教育、勉強の記事を中心に書いてます. 「不易流行」変えるべきを変え、変えざるべきを変えず.

-投資

© 2021 Powered by AFFINGER5