指導者

【第1回】目標を提示する(必須)

スポンサーサイト

この記事で解決できる悩み

  • なぜ目標提示は必要か?
  • 明確な目標提示とは?
  • シミュレーション教育での目標提示を知りたい

学習者が実技に入る前になにも言わずに始めてませんか

なぜ目標提示は必要か?

人はなぜエベレストを登れるか?

みなさんならどう答えますか。

「そこに山があるから。」と登山家が答えたのは有名な話ですね。

私の答えは「終わりがあるから」です。

つまり、頂上という終着点が「あらかじめ」設定され、しかも明確にされているから到達できるのです。

もし、ゴール(ここでいう目標)が隠されていたとしたら、たとえ標高599mの高尾山であっても、どこまで登りが続くのか見当がつかず脱落者が続出するはずです。

講習会の目標とは?

講習会では、必ず講習会全体としての大きな到達目標(頂上)が示されているはずです。

じおーた
ICLSを例にとってみるよ。

ICLSコースの目標は「突然の心停止に対する最初の10分間の適切なチーム蘇生を習得する」です。

指導者は、学習者がコースを終えたとき、「突然の心停止に対する最初の10分間の適切なチーム蘇生を習得」させなければなりません。

明確な目標提示とは?

ICLSコースの目標「突然の心停止に対する最初の10分間の適切なチーム蘇生を習得する」はハッキリしていますよね?

ハッキリということは「明確」なわけです。

身近な目標

講習会の全体目標に到達するには、身近な目標を1つずつ順番にクリアしてくことです。

ICLSでも、各ステーションでの目標をクリアすることでコースの目標に到達します。

この身近な目標も「明確に」することで学習者は迷うことなく、順調に頂上(コースの目標)へ到達することができます。

具体例があったほうがわかりやすいですか?

目標の分割

突然の心停止に対する最初の10分間の適切なチーム蘇生を習得する」ために、目標を分割してみます。

3つの目標

  1. 質の高いCPR(胸骨圧迫と人工呼吸)
  2. 心停止アルゴリズムの習得・実践
  3. 適切なチーム医療の実践

上述した3つの目標が達成できれば、ICLSコースの目標に到達できます。

なので、私はディレクターとして、始めのあいさつで学習者にICLSコースの目標を提示します。

次に、ICLSコースの目標に到達するために、質の高いCPR、心停止アルゴリズムの習得、適切なチーム医療の実践を意識して、1日コースに臨むよう伝えています。

明確な目標提示の例

質の高いCPRを例にとって考えましょう。

質の高いCPRを学習者に習得してもらうために、どうやって明確に目標を提示しましょう?

質の高いCPR

  1. 強く、早く胸骨圧迫を行う
  2. 胸壁は元の位置まで戻す
  3. 胸骨圧迫の中断時間を最小限にする
  4. 有効な換気(人口呼吸)を行う
  5. 過換気を避ける

学習者には、この5つをBLSステーションの最初に”はっきりと”伝えるべきです。

そのうえで、実技練習中に1つずつ目標を提示し、受講者の道しるべになるようにしましょう。

指導者として行うべき明確な目標提示

指導者が学習者に語り始めるとき、常に「明確な目標提示」がなされるべきです。

講習会の朝一番の挨拶、ステーションの導入、学習者がスキル実践に入る前、学習者がシナリオを実践する前、いずれの時も、指導者は明確に目標を提示しましょう!

もう1つ大切なことは、学習者にとって無理のない「手の届きそうな」かつ「具体的な」目標であることです。

例えば、胸骨圧迫が浅い学習者に対しては「次の胸骨圧迫のときはあと5mm深く押すのを目標にしましょう」という目標です。

じおーた
明確で、手が届きそうで、具体的な目標じゃないですか?

学習者が目標達成できたら

じおーた
指導者も学習者と一緒に喜びましょう!

指導者は、『学習者のよき伴走相手であるべき』です。

学習者が目標を達成できた時には、指導者は一緒に喜べる存在でありましょう!

まとめ

本日お話した内容は以下の3つです。

  • なぜ目標提示は必要か?
  • 明確な目標提示とはなにか?
  • 指導者として行うべき目標提示:「明確な」「手が届きそうな」「具体的な」目標

以上になります。

じおーた
学習者が行動する前には、必ず明確な目標を提示しよう!

では。

第2回に続く
【第2回】フィードバックをする(必須)

続きを見る

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じおーた

医師・投資家|専門を腎臓から救急に鞍替えした彷徨えるアラフォー. 投資、教育、勉強の記事を中心に書いてます. 「不易流行」変えるべきを変え、変えざるべきを変えず.

-指導者

© 2021 Powered by AFFINGER5