投資 日本株

【初めての資産購入におすすめ】500円から始める毎日1株生活

スポンサーサイト

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

じおーた(Twitter@JiotaQq8888)です。

いがっくん
じおーた先生、少額から株が買えるって聞いたんですけど本当ですか?
じおーた
本当だよ!優良企業の株を少しずつでも買っていくといずれ大きな資産になるよ。

単元で株を買う資金がないな・・・』と困っている方

失敗したくないけど、株を始めてみようかな』と第一歩を踏み出そうとしている方、そんな方々におすすめの手法を紹介します。

ということで始めます。

1日1株買う

今は、株も1株から買える時代になりました!

優良企業の株を単元で買うのは難しくても、カフェを1回我慢するだけで1株だけなら買えちゃいます。

今日はどの株にしようかな~」って選ぶ楽しみも魅力の1つです。

2021年の日本で、株式市場が開場する日数は245日あります。

毎日買うことができれば、1年後には2単元分の株を手にできます。

私の予定配当金推移をお見せします。

じおーた
1年待たずにこれだけの配当が積みあがるなら、すぐ始めたくなっちゃうね!

おすすめ証券会社

ズバリ!「SBIネオモバイル証券」です。

私が考えるSBIネオモバイル証券のメリットは2つ!

SBIネオモバイル証券のメリット

  1. Tポイントが使える
  2. 毎月の株購入手数料が実質20円(1か月の株購入代金合計が50万円まで)

Tポイントが使える

貯めたTポイントを使って株が購入できます。

毎月200ポイントは、SBIネオモバイル証券から還元されるので、年2400円分の株購入代金に充てられます。

普段の買い物などで貯まったTポイントも使えるので、Tポイント分だけお得に株が買えます。

ちなみに、私はスマホアプリの「Tポイント×シュフー」で毎日3ポイント、「あるくと」で毎月10ポイントGetしていますので、SBIネオモバイル証券の月額220円は実質無料です。

毎月の株購入手数料が実質20円

毎月、期間固定Tポイントが200ポイント付与されます。

なので、月額220円のうち、200ポイントのTポイントを差し引いて、実質20円/月の手数料で、毎月50万円まで取引し放題です。

毎日2万円以上株を買える富裕層は単元で株を買うでしょうから、最初のうちはおそらく問題ないはずです。

毎日1株生活のデメリットと注意点

デメリットは「資金力」、注意点は「銘柄選び」に尽きると思います。

細かいデメリットとしては、口座開設の際にクレジットカードが必要なのと、実質20円/月の手数料にするにはTポイントカードが必要なことです。

資金力

1日1株とはいえ、積み重なるとある程度の資金が必要です。

1株500円だと、500円×245日=122,500円

1株1000円だと、1000円×245日=245,000円

1株2000円だと、2000円×245日=490,000円

1株3000円だと、3000円×245日=735,000円 が必要になります。

最初は資金を準備するのが大変でしょうけど、配当がある程度入るようになると、いままで準備していた資金を他に回すことができます。

銘柄選び

初心者のうちは銘柄選びが非常に難しいと思います。

私も、Yahoo!ファイナンスの配当利回りランキングの上位から買って痛い目に遭いました(笑)。

配当利回りランキングの上位順に買うのはやめましょう!

また、株価が1000円以内の連続増配(少なくとも減配しない)企業ばかりでポートフォリオを構築するのは不可能に近いでしょう。

参考のため、2021年2月末時点のSBIネオモバイル証券のポートフォリオをお見せします。

この銘柄を買いなさいと推奨しているわけではありませんのでご了承ください。

私は主力として4つの銘柄、三菱商事(8058)、日本電信電話(9432)、日本たばこ産業(2914)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)を買うことが多いです。

1つヒントとなる指標としては連続増配している企業や累進配当政策を打ち出している企業があります。

配当を増やすということは、優良な財務状況じゃないとしづらいことだからです。

上記の4銘柄で日本たばこ産業以外の3銘柄は、近年増配もしくは配当維持(経年的に見れば累進配当)しています。

ただ、昨今の新型コロナウイルス感染症流行拡大の影響で、連続増配していた企業でも、減配や無配に転じた企業も結構あります。

私の保有する銘柄では、日産自動車(7201)や双日(2768)が該当します。

このように「先のことは誰にもわからない」から、銘柄選びは注意が必要です。

お金のなる木を育てよう

最初の1株でもらえる配当は数十円~数百円かもしれません。

それでも、自分にお金をもたらしてくれる、お金のなる木です。

毎日、コツコツとお世話をして、いつの日か大きな果実をもたらす木に成長させましょう!

まとめ

本日お話した内容は以下の3つです。

  • 1日1株買う生活
  • 毎日1株買うのにおすすめの証券会社
  • 1日1株生活のデメリットと注意点

以上になります。

たとえ1株でも、自分にお金をもたらしてくれる貴重な資産です。

予定配当金推移のグラフが右肩上がりだと、「もっと続けよう!」ってモチベーションもあがります。

初めて株をする方にSBIネオモバイル証券の1日1株投資はおすすめの投資です。

SBIネオモバイル証券を詳しく見る

投資は自己責任で!

では.

スポンサーサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

じおーた

医師・投資家|専門を腎臓から救急に鞍替えした彷徨えるアラフォー. 投資、教育、勉強の記事を中心に書いてます. 「不易流行」変えるべきを変え、変えざるべきを変えず.

-投資, 日本株

© 2021 Powered by AFFINGER5